日焼けには注意して予防策を知っておくことも重要

日焼けした肌の表皮について

日焼けした肌の表皮はメラニン色素が豊富であることはよく知られていて、これは皮膚のメラノサイトが色素で肌を黒くすることにより、紫外線が体の中に入らないように?るため。そして今までの医療レーザー脱毛は高い出力のレーザー光線をメラニン色素に反応させて、毛包は買いといった仕組みになってます。そしてレーザー光線は、表皮のメラニン色素も熱で破壊しようとして、やけどなどトラブルをおってしまいます。日焼けした肌もやけどせず施術するためレーザー出力を落とす必要があります。

艶肌のために役だつこと

20代のころ手抜きのケアでも艶肌をキープできましたが、30~40代は意識して手入れしなくてはあっという間に老けてしまいます。内側からにじみ出るような艶やハリはヒアルロン酸の効果により、高い水分保持力があって、1グラム当たり7リットルの水分保持ができます。ですが、これは加齢によりどんどん損なわれて、積極的に補う必要があります。そしてこれを含んだスキンケア商品は数多いですが、実際ヒアルロン酸を肌の表面に塗るだけのケアは限界があります。

医療レーザーにより毛が抜ける

医療レーザーで施術した後は皮膚から縮れたムダ毛がとびだすように抜けたりしますが、これをポップアップ現象と言います。太くかたい毛に起きやすいのが特徴で、照射するレーザー光は黒に反応して、細く薄い毛より、メラニン色素を豊富に含む太い毛のほうが、レーザー光線の熱をより吸収するため。収集した熱量が毛根から放熱されるとき、毛のたんぱく質が編成し縮れて飛び出します。ポップアップ現象が起きにくい細い毛は早い方でも施術後約1週間、遅い方は2~3週間たたなければ毛は抜け始めないです。

医療脱毛を新宿でチャレンジするには、腕前の優れている医師のサポートを受けながら、継続的に通院をすることが肝心です。