お酒は禁物?ダイエット中のお酒の考え方とは

ダイエット中にお酒を飲む問題点

ダイエット中にはお酒は飲んではならないとよく言われますが、本当に問題はあるのでしょうか。お酒に含まれているアルコールは食欲を増進してしまう作用があるため、食べ過ぎを起こしてしまうリスクがあります。特にお酒の席ではカロリーの高い食事になりがちなのもダイエットの点滴とされている理由です。また、お酒自体にもカロリーがあるため、飲まないに越したことはないという考え方に到達するのももっともでしょう。しかし、アルコールによるメリットもあることには留意しましょう。

クリニックで教わる考え方とは

ダイエットをする上ではお酒が問題を引き起こすリスクがあるのは確かですが、ダイエットクリニックで教わってみると考え方が少し異なります。禁酒するのに越したことはないという意見は多いものの、必要なら飲んでも良いというのが基本的な指導です。アルコールにはストレスを緩和する効果もあるため、ダイエットによるストレスを減らすために役立つと考えられるでしょう。また、社会的ストレスを緩和することでダイエットに取り組みやすくする効果も期待できるのです。

生活の中での役割を考えることが大切

ダイエット中にお酒を飲むかどうかは自分にとってのお酒の生活の中での役割を考えることが大切です。なくても構わないのならやめてしまうのが良いでしょう。しかし、ストレスの軽減に利用したかったり、お酒が好きでたまらなかったりする場合には無理にやめない方が賢明です。その代わりにお酒によって増えてしまうカロリーを他で減らすようにしたり、つまみにする食べ物として低カロリーのものを選ぶといった工夫をしていけば良いでしょう。

ダイエットクリニックは、これまでダイエットに成功しなかったという方に、医学的な見解から指導し、理想の体型に近づけるお手伝いをします。